家庭菜園って、楽しくてメリットいっぱい 【庭がなくても大丈夫】

庭がなくても家庭菜園はできる

庭がないという方も、ベランダでプランター栽培で植物を育ててみませんか。
私は観葉植物とか花より団子、育てるからには食べられるものがいいので、野菜やハーブを育てています。
植物を育てたことがないから、土を触るのが嫌だからと言う方もあるかもしれないけど、ゴム手袋をすれば直接触らなくてもいいし手も汚れないですよ。
そしてネット検索で育て方を調べて、その通りにやってみると大丈夫なんですね。
春や秋にホームセンターで苗を買って来て、プランターや花と野菜の土などを揃えても千円くらいしか初期費用は掛かりません。

日当たりと風通しの良い環境を用意すれば手間はかからない

日当たり良く風通しの良い乾燥気味の環境を用意すれば、あまり手間がかからないんですよ。
そして野菜って、ぐんぐん育って行くので、収穫するまでにも、成長を見ているだけでとても元気がもらえるんです。
虫がいないか葉っぱを調べてテデトール、ハシデトールなどの世話だけで、たいてい無農薬で元気に育ってくれます。
野菜とともに、ハーブなんかもいいので、ホームセンターなどで葉っぱをもみもみして好きな香りのを買って育ててみましょう。
人口でない自然な香りを楽しんで、少し大きくなると葉っぱを収穫してハーブティーにしたり、木綿の布に包んでお風呂に入れたりすると、お肌や健康にも良いんです。

野菜を育てる土は生ごみなどを有効活用できる

それに野菜を育てた後の土を再利用兼肥えた土を作ろうと思えば、キッチンの野菜クズや生ごみをプランターやスーパーでもらって来る発泡スチロールのトロ箱の底に穴をあけて園芸用の網でふさぎ、花と野菜の土を入れたなかに、自動精米のコーナーから糠をもらって来て(またはタダでくれるお米屋さんも)、生ごみにまぶして埋めると、ふかふかの有機肥料と微生物がたっぷりの土が出来ます。
次のシーズンにこの土を使えば、おいしい野菜が元気に育ちます。
心配な方は、ホームセンターでEМ菌とか微生物が入った添加物があるので、それを生ごみにまぶして土に混ぜると完璧で、連作を嫌う野菜も同じ土で栽培できるくらいの威力があるんです。
こういう家庭菜園って、自分が元気になれるだけでなく、なかなかエコで環境にも良いし、お勧めです。

タイトルとURLをコピーしました